« オーストラリア番外編(その6カンガルー) | トップページ | 新しい加計呂麻フェリー »

2016年12月20日 (火)

探鳥会

 18日今年最後の探鳥会が名瀬勝地区でありました。まず奄美野鳥の会が委託調査としてやっている標識足環を捕獲した野鳥にはめる作業を見学しました。この朝捕獲されたのはノゴマ、アオジ、シロハラ、メジロなどでした。ノゴマはあごの下がきれいな朱色でした。Yachou004

アオジにはすでに足環がついていました。調べると同じ場所で去年捕獲されていました。Yachou003

このあと川沿いに歩きながら野鳥を探しました。川にはコガモ。Yachou001

オオバン。Yachou002

やしのみは見ていませんが、ビンズイやセッカがいたとのことです。そのほかサシバ、ミサゴ、ハクセキレイ、ウグイス、キジバト、ヒヨドリ、イソヒヨドリが目撃されました。同地区にオオハクチョウが1羽来ていることが話題になりましたが、迷鳥です。


« オーストラリア番外編(その6カンガルー) | トップページ | 新しい加計呂麻フェリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はづきさんへ
 ずっと前、加計呂麻島の諸鈍に白鳥が1羽来たことがあります。群れとはぐれてしまうのは幼鳥だからということでした。エサさえとっていれば、南よりの風が吹き始める頃、単独でも北上できるのではないでしょうか。

迷ってしまった白鳥さんはどうなるんでしょう。
方向音痴の身としては気になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533790/64649307

この記事へのトラックバック一覧です: 探鳥会:

« オーストラリア番外編(その6カンガルー) | トップページ | 新しい加計呂麻フェリー »